1998~ MCSEの勉強とシステム開発の仕事 七田隆介<講師プロフィール> パソコンBini元住吉スクールのパソコン教室

CONTENTS
   
1998~ MCSEの勉強とシ...
スクール情報
【所在地】
神奈川県川崎市中原区木月2-7-8
健庄ビル3F
【電話】044-431-4221
【FAX】044-431-4231
【メール】

パソコンBini元住吉スクールの授業風景
スクールへのアクセス
【スクールへのアクセス】
東急東横線元住吉駅徒歩2分
武蔵小杉駅から徒歩17分、自転車で5、6分
川崎市営・臨港バス元住吉バス停の真前
開校時間等
【平日】
平日のレッスン時間は9:00から21:30まで
(最終レッスン開始20:00)
【土日】
土日のレッスン時間は9:00から18:00まで
【休校日】
金曜日と祝日
受講生インタビュー 受講生の生の声を聞きました。インタビュー記事はこちら
教えているのはこんなひと
<講師紹介>

七田隆介のプロフィール安藤真理子のプロフィール

七田 隆介安藤真理子


出版物のお知らせ
校長七田の描くイラストは毒のある作風で、生徒さんの評価も賛否両論?!そんな校長のイラスト集が出版されました。↓
七田隆介の著書
大切な人にはちょっと贈れない、ばかでえっちな絵ハガキ集です。
ご注文は、アマゾンなどのネット書店で。
(現在、スクールでは販売しておりません。)
生徒さんの出版物
生徒さんの出版物です。当スクールで、Kindle電子出版のお手伝いをさせていただきました!
五島列島の風土や歴史、松尾芭蕉などにご興味のある方はどうぞ!
講師のブログ
真理子先生のつぶやきコーナー
パソコンBini元住吉スクールスタッフのブログ。スクールのベランダ菜園、にがうりの育成記録、スタッフのつぶやき
校長七田オリジナルキャラのジグソーパズルゲームがダウンロードできます。
おすすめコーナー
ワードで手作りアルバム作成講座
Mybookで作る、オリジナルえほん・写真集作成講座
会社、お店のホームページを自分で作る
MOS(Microsoft Office Specialist)対策講座
トップ > 七田隆介 プロフィール > 1998(2)

七田校長の「パソコン音痴からの道のり」

<< 1998~ ウインドウズに関し... 1999~ 名ばかりの資格スク... >>

1998~ MCSEの勉強とシステム開発の仕事

いよいよウィンドウズのサーバーやネットワークの実務を実践的に身に付ける必要性を感じ始める。
というのは、検討委員会の話の流れで、なんだか職場のコンピュータがマッキントッシュから、これまでほとんど触ったことのないウィンドウズに変わるようなムードが出始めたのだ。

これには現場の社員から強い反発があった。使い方に慣れているマッキントッシュをやめ、なんで今さら不慣れなウィンドウズに変えなければいけないのだ。
委員会にも現場にも所属している自分は微妙な立場だったが、何かものを言うためにはウィンドウズの操作方法を知っていなければいけないと思った。それに、万が一ウィンドウズに切り替わった場合、そのシステム管理の役回りは、おそらく自分に降りかかってくるだろう。

まず着手しなければいけないのが、ウィンドウズの一般的な操作。いわゆる「ごく普通の操作」が普通にできなければいけない。前述のとおり、日本語入力さえろくにできないのだ。これには、安いパソコンを自宅に購入することにした。

もうひとつは、ウィンドウズのサーバーやネットワークなど、システム管理についての実践的な専門知識。これはやはりどこか学校に通わなければいけないだろう。

当時私は、資格試験のカリキュラムが、コンピュータを統括的に学習するのに最適な教材となることを、シスアドやDTPの勉強をとおして実感していた。そこで今度は、難関ではあるが、MCSEという資格の勉強を開始。池袋にあるD社のコンピュータスクールに通い始める。
受講料は締めて80万円。当時MCSEの試験対策を実施する学校は、企業研修を対象としたものがほとんどで、個人を対象に教えてくれるスクールはD社しかなかった。お金がかかる、というのは常識だった。


MCSEの資格は全部で6試験をクリアしなければいけなかったが、そのスクールでは、そのひとつ目の試験対策の際、洋書を直訳したまんまの分厚い本を1冊買わされただけでいっさい指導がなかった。

指導を請いに担当インストラクターの元に行ったところ、
「とにかくこの本1冊を最低3回は読んでください。読むときには必ず蛍光ペンを使ってください。」
とのアドバイス(?)を受けたのみ。実機には一切触らせてもらえず。

しかも、この直訳本の難解さには本当に参った(笑)。いったい誰がこんなカタカナ用語の使用を日本で認めたんだ!と思うくらい、「初耳」な外来語のオンパレードで、しかもそんな「意味不明なカタカナ」を使って、「理不尽極まりない文法」で、「なんだかワケの解らないもの」についてあーだこーだと説明しているのだ。これはひょっとすると理解できてしまう方が変態なんじゃないだろうか?あー実機に触りたい。

私はこの本を、怒り狂いながら3回読んだ。本当にカンカンに怒りながら、頭を掻きむしりながら3回読んだのだ。インストラクターの顔を思い浮かべながら、「変態だ!この変態め!」などと腹の中で叫びながら読んだ。生の小麦粉を水なしで5キロ飲み込むのとどっちがたいへんだろう。そんな思いで読んだ。

結局、最初の1試験目は自力で半年かかってようやく合格。
(後日、別の学校で知り合った友人にそのことを話したところ、「ドッグイヤーのご時世に随分遠大な計画だね」と一笑されたものだ。)


職場のコンピュータが、ウィンドウズに移行することに決定。これに伴ない、新しいウィンドウズのネットワーク設計やシステム開発を担当することに。






<< 1998~ ウインドウズに関し... 1999~ 名ばかりの資格スク... >>


〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月2-7-8健庄ビル3F パソコンBini元住吉スクール 代表 七田隆介 TEL 044-431-4221 FAX 044-431-4231

Copyright (C)パソコンBini元住吉スクール All Rights Reserved.