1998~ ウィンドウズに関して全く知らない自分 七田隆介<講師プロフィール> パソコンBini元住吉スクールのパソコン教室

CONTENTS
   
1998~ ウインドウズに関し...
スクール情報
【所在地】
神奈川県川崎市中原区木月2-7-8
健庄ビル3F
【電話】044-431-4221
【FAX】044-431-4231
【メール】

パソコンBini元住吉スクールの授業風景
スクールへのアクセス
【スクールへのアクセス】
東急東横線元住吉駅徒歩2分
武蔵小杉駅から徒歩17分、自転車で5、6分
川崎市営・臨港バス元住吉バス停の真前
開校時間等
【平日】
平日のレッスン時間は9:00から21:30まで
(最終レッスン開始20:00)
【土日】
土日のレッスン時間は9:00から18:00まで
【休校日】
金曜日と祝日
受講生インタビュー 受講生の生の声を聞きました。インタビュー記事はこちら
教えているのはこんなひと
<講師紹介>

七田隆介のプロフィール安藤真理子のプロフィール

七田 隆介安藤真理子


出版物のお知らせ
校長七田の描くイラストは毒のある作風で、生徒さんの評価も賛否両論?!そんな校長のイラスト集が出版されました。↓
七田隆介の著書
大切な人にはちょっと贈れない、ばかでえっちな絵ハガキ集です。
ご注文は、アマゾンなどのネット書店で。
(現在、スクールでは販売しておりません。)
生徒さんの出版物
生徒さんの出版物です。当スクールで、Kindle電子出版のお手伝いをさせていただきました!
五島列島の風土や歴史、松尾芭蕉などにご興味のある方はどうぞ!
講師のブログ
真理子先生のつぶやきコーナー
パソコンBini元住吉スクールスタッフのブログ。スクールのベランダ菜園、にがうりの育成記録、スタッフのつぶやき
校長七田オリジナルキャラのジグソーパズルゲームがダウンロードできます。
おすすめコーナー
ワードで手作りアルバム作成講座
Mybookで作る、オリジナルえほん・写真集作成講座
会社、お店のホームページを自分で作る
MOS(Microsoft Office Specialist)対策講座
トップ > 七田隆介 プロフィール > 1998(1)

七田校長の「パソコン音痴からの道のり」

<< 1997~ DTPの勉強... 1998~ MCSEの勉強とシ... >>

1998~ ウィンドウズに関して全く知らない自分

実際にシステムの現場に入って実務を続けていくにあたり、さすがに限界を感じるようになってきた。

これまでやってきたのはあくまでも机上の作業でしかなく、それにインチキ極まりない「パクリ戦法」など、ふざけ過ぎている。本質的には良く分からないままダマシダマシここまで何とかつなげてきただけだ。
でもその頃の私は、なんだか職場でも「そこそこコンピュータの分かる男」みたいな感じになってしまっている。
しかし実際に実機の前に座って作業をすると、当然のことながら、実践的な技術が伴なっていないことは明らかだった。

そしてもうひとつが、ウィンドウズに関する知識が皆無であったことだ。
この職場は事務系だが、全てがマッキントッシュ。社会人になって始めて触ったパソコンがマッキントッシュだったしそれ以降触ってきたのもずっとマッキントッシュだった。それは例えば卵から孵ったばかりの雛鳥が、最初に目にしたものを母と思うように、私にとってパソコンといえばマッキントッシュだったのだ。
ところがほかの企業などでヒアリングをすると、ほとんどがウィンドウズ。システム関係の参考書もウィンドウズを前提に書かれているものばかりだ。


こんなことがあった。

六本木の職場の近くに新しくインターネットカフェが出来たので、勉強会のつもりで上司と同僚を誘って行ってみることにした。(当時職場はインターネットに接続されておらず、皆インターネットも見たことがなかったのだ!)

席に通されると、その時の機械が「ウィンドウズ95」で、ブラウザソフトが「ネットスケープナビゲーター」。既にヤフージャパンが立ち上がっていた。

早速キーワード欄に文字を入れようとするが、アルファベットしか入らない。ウィンドウズで日本語入力するにはどうしたらいいんだろう。なんとシステムを管理している人間が3人もいて、ウィンドウズで日本語を入力する方法を知る者がひとりもいなかったのだ。

しかたなく店の人を呼ぶことにした。スタッフブースから、胸元の大きく開いた、ぴっちぴちの豹柄シャツを身にまとったお姉さんがヒールの音を高らかに鳴らしてやってきた。
事情を話すとそのお姉さん、やおら上体をかがめ、指一本でキーボードのどれかをひとつ、ポンっと叩くと、黙ってさっさとブースの方に戻って行ってしまった。
一瞬のことで、私は不覚にも別の場所に気を取られており、お姉さんがどのキーを押したのか見逃してしまった。

それでも日本語が入力できるようになったので、3人はフンフンと感心しながら順番にキーワードをいろいろ入力しては検索し、インターネットを満喫した。

ところがそのうち、誰かがうっかりウインドウの閉じるボタンをクリックしてしまったのだ。
もう一度インターネットを起動したが、なんと、入力モードがリセットされてしまい、再び日本語が入力できなくなってしまった。そして残念なことに、誰一人、さっきお姉さんが叩いたキーをちゃんと見ていたものはいなかった。

さすがにもう一度お姉さんを呼ぶ勇気もなく、勉強会がそこでお開きになったのは言うまでもない。







<< 1997~ DTPの勉強... 1998~ MCSEの勉強とシ... >>


〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月2-7-8健庄ビル3F パソコンBini元住吉スクール 代表 七田隆介 TEL 044-431-4221 FAX 044-431-4231

Copyright (C)パソコンBini元住吉スクール All Rights Reserved.