注目のプログラミング教室。2020年に小学校でプログラミングが必修化されセンター試験も変わります。今子供たちに必要な能力は?

お問い合わせ・資料請求は044-431-4221まで
ロボットプログラミング教室体験会募集中
ロボットプログラミング教室体験会募集中

今、なぜ小学生がプログラミング?

子供に習わせたい習い事ランキング急上昇!!

リクルート社「ママ600人に聞いた 2014年習っている・習わせたいお稽古ランキング」では、小学生高学年部門で「パソコン関連(プログラミング)」が初めてランクインしており、「将来仕事に結びつきそうだから」 という、将来を見据えた親御さんの現実的な声もあります。

また、2016年7月に実施された、株式会社ジャストシステムによる『小学生のプログラミング学習調査』では、「母親が新たな習い事として興味があるがあるもの」として、13.2%がブログラミング教室を挙げています。
(グラフ参照)

世界で広がるプログラミング教育

近年、世界中で子どもたちにプログラミング必修化の機運が高まっています。

世界でもいち早くプログラミング教育を実施したのは、中東、イスラエル。紛争が絶えないイメージもありますが、実は「第2のシリコンバレー」とも呼ばれるIT大国で、USBメモリやZIP圧縮、カプセル内視鏡など、この国が発祥という技術が数多くあります。

Skype発祥国であるエストニアでは、世界で初めて小学1年生からプログラミング教育を導入しています。

イギリスでは、2014年にナショナルカリキュラムを改訂、5才~16才迄の全児童生徒へのプログラミング学習義務化が開始されました。

フィンランドオーストラリアでも、2016年から小学校からのプログラミング教育が必修化されています。

韓国では、2017年3月から小学校の正規教育課程としてプログラミング教育を行うことが決定しています。

アメリカでは、バラク・オバマ大統領自らが過去に何度もプログラミング教育を促進するスピーチを行っていますが、2016年1月、「コンピュータ科学は今や読み、書き、算術と並ぶ必須の基本スキルである」として、K-12学校教育(日本の初等中等教育)の授業に組み込むための支援策「Comupter Sience for All」を発表。向こう3年間で40億ドルを拠出すると発表しています。

日本でも、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化!!

日本でも、すでに2012年から、中学校の技術科で「プログラムによる計測・制御」が必修となっていますが・・・

2016年4月19日に政府の産業競争力会議で、安倍首相は、これからの人工知能(AI)やロボットが普及する時代を「第4次産業革命」と位置づけ、「情報活用能力を備えた創造性に富んだ人材育成が急務」とし、2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化するほか、中・高校でのICT教育を拡充することを公表しました。

16/04/19 プログラミング教育を小中必修に 安倍総理が提言(16/04/19 Youtube ANNnewsCH) クリックして再生できます。

ちなみに、前述ジャストシステム社のアンケートでは、小学校で2020年度よりプログラミングが必修化されることについて、小学生の子どもを持つ母親の46.5%が「賛成」、7.4%が「反対」と回答しています。

2020年、センター試験廃止!大学入試が変わる

2020年、大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験では、これまでの知識を問う試験から、思考力、判断力、表現力を評価する試験になると言われています。

これから新しくなっていく日本の教育制度の中では、暗記能力に偏る試験制度は減少し、論理的思考力や国際適応能力を重視する試験システムへと変化していく事が予測されます。

この能力を鍛えるためのひとつの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。

必要なのは、用意された「正解」を言い当てる力ではなく、発想力や論理的な思考力を武器に、自ら答えを導き出し、問題を解決していく力

ディー・エヌ・エー(DeNA)創業者の南場智子氏は、2014年から佐賀県武雄市において小学一年生を対象にプログラミング授業の実証研究を行うなど、ビジネス業界においてプログラミング教育に積極的な実業家のおひとりですが、氏の2016年1月5日朝日新聞に掲載されたオピニオン取材記事がたいへん分かりやすくなっていますので、参考までに以下に抜粋します。(一部抜粋)

(前略)
日本の教育システムが「答えは一つと考える、正解を言い当てる達人」を排出し続けていることにあります。受験では相変わらず、正解が一つの問題を解くように求め、受験生も一つの正解を示すために努力を重ねています。それが、思考や発想の選択肢を奪っていると思います。

と指摘したうえで、

具体的な処方箋として非常に有効だと考えているのがプログラミング教育です。プログラミングは答えが一つではありません。それぞれが個性を発揮しながら作品を創造しています。その概念を学ぶことを通して、発想力や論理的な思考力が身についていきます。
(中略)
答えは一つという教育と決別すべきなのです。

と述べています。

自分で考え行動する力を育てる!無料体験会のご案内