これから求められるのは「自分で考え行動する力」。プログラミング教育により、論理的思考力、創造力、問題解決力を育てます!

お問い合わせ・資料請求は044-431-4221まで
ロボットプログラミング教室体験会募集中
ロボットプログラミング教室体験会募集中

ロボットプログラミングは、自分で考え行動する力を育てる!

わが子にプログラミングが必要って本当?

今いろいろなメディアで「プログラミング教育」が取り上げられ、多くの著名人がその重要性に言及しているのを目にする機会が多くなりました。

書店の教育関係、コンピュータ関係のブースでは、子供向けのプロブラミング関連書籍の平積みが目に入ってきますし、「小学生 プログラミング」などといったキーワードで検索すれば、関連本や、全国の小学生や中学生向けのプログラミング教室・ワークショップなどの情報をインターネットで多数拾い出すことができます。

今、プログラミングは英語と並んで、早い段階で身に付けておくべき「基礎教養」のひとつになると言われています。

プログラミングに関する現在のこのような状況の背景には、以下に挙げる時代の変化が大きく関わっています。

2020年から大学入試が変わる!!

2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を問う試験になります。

この能力を鍛えるための方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。

2020年、小学校でもプログラミング学習が必修化に!!

2012年から中学校の技術家庭科の授業で、プログラミングは必修になりました。文部科学省は、2020年から小学校へも導入することを発表しています。

世界でも通用するスキル!!

プログラミングを通じて、ものの仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。

海外ではすでにプログラミング教育が始まっている!!

イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも、2017年から小学生から正規教育課程として決定しています。

今ある職業の半分は無くなる!?

ロボットの開発スピードはすさまじく、建設ロボットや人型のロボットなどが、すでに様々な職種で導入され、人間の代替で仕事をしています。「現在の子どもたちの65%は大学卒業後、今は存在していない職業に就く」と言われており、「新しい職業=ロボットに関する職業」となることは間違いありません。

ロボットプログラミングを通して「自分で考え行動する力」を養います。

1 論理的思考力

ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、まず、どのような命令が必要か考え、その命令を効率よく順序立てて並べていくことで、論理的思考が身につきます。

2 創造力

自由度の高いオリジナルのブロックと、プログラミングを組み合わせることで、ゼロから考える力を養い、子どもたちの無限の創造力を引き出します。

3 問題解決力

ロボットがイメージ通りに動かない時、子どもたちは必死に原因を探し、修正を繰り返します。そして、自分なりの答えを導くことで、問題解決力が身につきます。

学校教材メーカー発!!最新プログラミングキットとは?

1 ロボットを組み立てる!

すべてのパーツがブロック!だから組み立てがかんたん!

2 プログラムをつくる!

子ども向けのソフトを使用。プログラムがわかりやすい!
(MITメディアラボが開発した子ども用プログラミングソフト「Scratch」をオリジナルカスタマイズしたソフト)

3 そして、ミッション!

パソコンからプログラムをロボットに転送!ロボットの動きを確認し、自分で試行錯誤を繰り返しながらミッションにチャレンジしていきます。

ロボットプログラミング教室TOP今なぜ小学生がプログラミング?