ネット活用・クラウドコース パソコンを学ぶ、パソコンを遊びたおす パソコンBini元住吉スクールのパソコン教室

CONTENTS
 
暮らし&ものづくりコース
 
 
スクール情報
【所在地】
神奈川県川崎市中原区木月2-7-8
健庄ビル3F
【電話】044-431-4221
【FAX】044-431-4231
【メール】

パソコンBini元住吉スクールの授業風景
スクールへのアクセス
【スクールへのアクセス】
東急東横線元住吉駅徒歩2分
武蔵小杉駅から徒歩17分、自転車で5、6分
川崎市営・臨港バス元住吉バス停の真前
開校時間等
【平日】
平日のレッスン時間は9:00から21:30まで
(最終レッスン開始20:00)
【土日】
土日のレッスン時間は9:00から18:00まで
【休校日】
金曜日と祝日
受講生インタビュー 受講生の生の声を聞きました。インタビュー記事はこちら
教えているのはこんなひと
<講師紹介>

七田隆介のプロフィール安藤真理子のプロフィール

七田 隆介安藤真理子


出版物のお知らせ
校長七田の描くイラストは毒のある作風で、生徒さんの評価も賛否両論?!そんな校長のイラスト集が出版されました。↓
七田隆介の著書
大切な人にはちょっと贈れない、ばかでえっちな絵ハガキ集です。
ご注文は、アマゾンなどのネット書店で。
(現在、スクールでは販売しておりません。)
生徒さんの出版物
生徒さんの出版物です。当スクールで、Kindle電子出版のお手伝いをさせていただきました!
五島列島の風土や歴史、松尾芭蕉などにご興味のある方はどうぞ!
講師のブログ
真理子先生のつぶやきコーナー
パソコンBini元住吉スクールスタッフのブログ。スクールのベランダ菜園、にがうりの育成記録、スタッフのつぶやき
校長七田オリジナルキャラのジグソーパズルゲームがダウンロードできます。
おすすめコーナー
ワードで手作りアルバム作成講座
Mybookで作る、オリジナルえほん・写真集作成講座
会社、お店のホームページを自分で作る
MOS(Microsoft Office Specialist)対策講座
<< ものづくりコース

ネット活用・クラウドコース

コースのご紹介

コースの概要

今や、インターネットを使ったコミュニケーションがすっかり当たり前のこととなり、自分がやりたいコミュニケーションのスタイルによって、どのコミュニケーションツールを選択すればよいか選べる時代になりました。
また、インターネット環境は、一家にひとつという時代から、パソコンだけでなく、携帯、スマートフォン、タブレットPCといった、個別の機器ごとに回線がつながるようになり、いつどこにいてもインターネットにつながる環境が整いました。
そして、自分たちが利用可能な情報資産(画像・音声・動画・文書・ソフトウェア、そしてアイデアなど)をインターネット上において、いつでも同じ情報を閲覧したり、利用したり、加工したり、共有したりすることができるようになりました。(このような環境を「クラウド」といいます。)
このコースでは、これらのサービスのうち、とても身近で使いやすいものを、安全に利用するための講座を用意しました。

ネット活用・コミュニケーション編
  • 安心!ネットショッピング
  • メールの便利な使い方
  • Skypeではじめる音声通話&ビデオ通話
  • ブログではじめる情報発信
  • ツイッター情報収集術
  • mixiでコミュニケーション
  • FACEBOOKでコミュニケーション
  • Youtube動画発信
  • JIMDOでつくるホームページ<入門編>
クラウド編
  • オンラインアルバムで写真を共有
  • SKYDRIVE活用術
  • DROPBOX(ドロップボックス)
  • evernote(エバーノート)

受講料等

お月謝
1回90分、月4回のレッスンで 8,600円、月8回で16,500円。
また、お月謝に加えて1コマ2,150円で追加受講も可能です。>お月謝についての詳細はこちら。
その他の料金
【教材費】各講座ごとの教材(テキスト、問題集)については、スクール内で学習する際は備え付けのものを貸し出しいたしております。ご自宅でも同様の教材で復習したいという方は、ご購入いただくこともできます。(強制ではありません)
【入会金】入会金は、当スクールへの入会時、初回のみお支払いいただいているものです。1度既にお支払いいただいていれば、以後将来にわたりお支払いいただく必要はありません。>入会金についての詳細はこちら

講座紹介

ネット活用・コミュニケーション編

ここでは、インターネットを活用する手段として、電子メールの一歩踏み込んだ使い方、ネットショッピングの手順をご案内します。
また、インターネットを利用したコミュニケーション手段として、スカイプ、ブログのほか、世界的にも爆発的な利用者を抱えるFACEBOOK(フェイスブック)やmixi(ミクシィ)などのSNS(エス・エヌ・エス、Social Networking Service)を中心に、ご紹介します。


安心!ネットショッピング
「インターネットでお買い物」は、すっかり当たり前のようになりつつありますが、使い方をひとつ誤れば、トラブルを招いたり、甚大な被害を被る場合もあります。
ここでは、利用者の多いショッピングサイト「amazon(アマゾン)」を例に、安全にネットショッピングサイトを活用する際の押さえておくべきポイントと、一連の手続きについてご紹介します。
このページのトップへ

メールの便利な使い方
ここでは、Googleが提供するフリーメールサービス「Gmail」をご案内します。
フリーメールとは、無料でメールアドレスが取得でき、インターネットに接続できる環境があれば、インターネットカフェや外出先のパソコンなど、どこからでもメールの送受信が行えます。
この講座では、Gmailの特徴や登録方法、送受信など、電子メールの基本操作を習得します。
このページのトップへ

Skype(スカイプ)ではじめる音声通話&ビデオ通話
Skype(スカイプ)は、インターネット回線を利用した通話サービスです。
インターネット回線を利用するため、同じSkype同士での通話であれば、海外とのやり取りも無料でできますし、Skype同士でなくても、有料サービスを使えば比較的安価でSkypeから一般電話への通話も可能です。
通話だけではありません。
Skype同士でチャット(文字入力による会話)を行うことが可能です。
通話用のヘッドセットのほかにWebカメラを用意すれば無料でビデオ通話(いわゆるテレビ電話)を行うこともできます。今市販されているほとんどのノートパソコンは、Skype等によるビデオ通話が楽しめるように、Webカメラが内蔵されています。
ですから、海外のお友達とのコミュニケーションや、遠方にご家族がいらっしゃる家庭での利用が多く、とても身近のツールとなっています。
ここでは、そんなSkypeの入手方法から、一連の使い方までをご案内します。
このページのトップへ

ブログではじめる情報発信

「ブログ」はホームページの一種ですが、インターネット上で発信する日記のようなもの。作り方もメールの送信に近い操作でできる非常に手軽なもので、写真や動画などの貼付も可能です。
一概に日記といっても不特定多数の方に見てもらうことが前提ですから、それなりに守らなくてはならないルールがあります。
また、プライベートな日記と違って、基本的にはテーマを決めて、有益と思われる情報を発信していきますが、それによって、不特定の相手からコメントをもらったり、コメントを返したりすることによりコミュニケーションを図ることが可能です。
個人の発信するニッチな情報をネット上に広く撹拌(かくはん)させることによって、思わぬ情報提供につながることが多々あります。
また、インターネットには、ブログの閲覧数に関するランキングサイトがあり、そこに参加することにより、同種のブロガー(ブログの発信者)とのコミュニティを形成する仕組みも存在します。
この講座では、ブログの立ち上げ方、投稿の仕方やトラブルを起こさないための注意点、コメントやコメント返しの書き方、ランキングサイトへの参加方法やコミュニティについて実習します。

このページのトップへ

Twitter(ツイッター)情報収集術
Twitter(ツイッター)は、140文字という文字数制限をもつブログのようなもの。
ブログを発信することを「投稿」といいますが、Twitterの場合は「ツイート、つぶやき」といいます。
ツイートする内容は、「おなかすいた」とか「お台場なう」とか、今読んだ本の感想でもいいし、政治の話でもいいわけです。
芸能人、著名人や政治家なども利用しているので、気に入った有名人のツイートを「フォロー」(購読して常に自分のタイムラインに取り込む操作)したり、面白いツイートがあれば「リツイート」(引用して再ツイートする操作)したりもできます。
あるテーマで分類したり、情報を集めたりすることもできます。
ブログと同様、個人の発信するニッチな情報をネット上に広く撹拌(かくはん)する特性が高いため、利用者の数やスケールメリットと相まって、思わぬ情報提供につながることが多々あります。
東日本大震災では、機能停止した公共交通機関の情報の取得にTwitterが役立ったという話は有名で、今後も災害時におけるTwitterのライフラインとしての位置づけが非常に期待されており、国や自治体、各種研究機関等での有効な利用方法の模索が行われています。
このページのトップへ

mixi(ミクシィ)でコミュニケーション
mixi(ミクシィ)は、純国産のSNS(エス・エヌ・エス、Social Networking Service)。匿名で利用することができます。
古い知人、友人の再発掘や、また、いろんなジャンルでのコミュニティが発達しているため、それらを介したた新しい人脈の開発などを行います。
ブログのように情報の発信者として投稿したり、友人の投稿に対してコメントを入れたりコメント返しをしたりして、コミュニケーションを図ります。
写真や動画の公開、共有などもできるようになっています。

ここでは、mixiの登録方法、一連の利用方法、コミュニティへの参加や書き込み方法、また、気をつけなければならないマナーやセキュリティについてご案内します。
このページのトップへ

FACEBOOK(フェイスブック)でコミュニケーション
FACEBOOK(フェイスブック)は、世界で爆発的に普及したSNS(エス・エヌ・エス、Social Networking Service)。必ず実名登録での利用、公開が前提となります。
実名での登録であることから、古い知人、友人の再発掘がしやすく、ビジネスで出会った相手との人脈の補完ツールとして活用されているケースも多いようです。
ブログのように情報の発信者として投稿したり、友人の投稿に対してコメントを入れたりコメント返しをしたりして、コミュニケーションを図ります。
写真や動画の公開、共有などもできるようになっています。
グループ(コミュニティのようなもの)を形成して、メンバー同士でのクローズなやり取りが可能です。

ここでは、FACEBOOKの登録方法、一連の利用方法、また、実名ゆえに気をつけなければならないマナーやセキュリティ等についてご案内します。
このページのトップへ

Youtube(ユーチューブ)動画発信
Youtube(ユーチューブ)は、動画の共有サイト。
登録すればだれでも自分の動画をアップロードして公開することが可能です。
逆に、検索機能も充実しているので、見たい映像をYoutubeで検索して見るということが、比較的日常的に行われるようになってきました。
また、ほとんどのブログやSNSサービスが、直接Youtubeの映像を、投稿と同じ扱いで貼り付けることができるようになっているため、Youtubeに動画を掲載して、それをブログやSNSで告知するといった相乗効果のある活用方法が多く採られています。
ここでは、Youtubeの登録、動画のアップロードなどの一連の操作のほか、今とても問題になっている著作権や個人情報の問題などについても学んでいきます。
このページのトップへ

JIMDO(ジンドゥ)でつくるホームページ<入門編>
一昔前まで、ホームページを作るためには、たいへんな労力を要しました。
独特なHTML言語を入力したり、サーバー情報を登録してアップロードしたり・・・。
「ホームページビルダー」などのホームページ作成管理ソフトがでて、作業はずいぶん楽になりましたが、それでも素人や、本業が忙しい中での片手間でのホームページ作成作業はかなりの負荷がかかります。
JIMDO(ジンドゥ)は、ホームページの作成、編集作業が直感的に、簡単に行えるすぐれたサービスで、これが無料から利用できます。
ここでは、JIMDOの使い方を学ぶ中で、簡単なコミュニティサイトを作成するプロセスをご案内します。
このページのトップへ

クラウド編

自分たちの所有している情報資産(画像・音声・動画・文書・アイデア・ソフトウェアなど)をインターネット上において、いつでも同じ情報を閲覧したり、利用したり、加工したり、共有したりすることができる環境を「クラウド」といいます。
また、クラウドには、情報資産をインターネット上のサーバーに保管して使うものについては、インターネット上の「倉庫」という観点から、「オンラインストレージ」と呼ばれるもののほか、インターネット上で稼働するアプリケーション(ソフト)や業務用のシステムを提供するサービスもあります。
このコースでは、これらのサービスのうち、とても身近で使いやすいものを、安全に利用するための講座を用意しました。

オンラインアルバムで写真を共有

インターネット上のサーバーに自分の撮影した写真を置き、バックアップとして保管したり、特定のメンバー同士だけで共有して自由にダウンロードできるようにしたり、一般公開して意見を言い合ったりすることができる環境を提供してくれる一種のオンラインストレージサービスがあります。
料金も無償か、あるいは有料でも廉価で提供してくれるのでとても便利です。
ここでは、そのうち、「フォト蔵(フォトゾウ)」というサービスをご紹介します。

このページのトップへ
SKYDRIVE活用術
SKYDRIVE(スカイドライブ)は、マイクロソフト社が提供する「オンラインストレージサービス」です。
オンラインアルバムとしても活用できるほか、マイクロソフト オフィスの各製品と互換性があり、ワードやエクセルのデータをSKYDRIVEにおいて、アクセスしたり共有したりすることができます。
インターネットの環境があればオフィス製品の無い機器からでもアクセスでき、ある程度の編集作業も行うことができます。
このページのトップへ

DROPBOX(ドロップボックス)
Dropbox(ドロップボックス)も利用者の多い「オンラインストレージ」のひとつです。
Dropboxの大きな特徴は、他のストレージサービスと違って専用の管理画面を使わず、パソコンのファイルやフォルダとして操作ができるため、普段行っているドラッグ・アンド・ドロップで簡単にアップロードやダウンロードができてしまうことです。
自分の所有する複数のパソコンや、他のユーザーとの共有ができるほか、パソコンもウインドウズやマック、iPad(アイパッド)やiPhone(アイフォーン)、Android(アンドロイド)、にも対応しているため、非常に利便性の高いサービスです。
このページのトップへ

evernote(エバーノート)
Evernoteでは、思いついたことをメモとして書き付けたり、いろんな電子データを簡単に「ノート」として取り込むことができ、タグ付けをしてどんどん溜め込んでおくことができるアイデアの保管庫のようなアプリケーションです。
取り込める電子データとしては、画像や音声ファイル、スキャナで取り込んだPDF、Webページも可能です。
タグ付けは、データごとにかなり細かく設定できるので、緻密な検索が可能となります。
忘れたくない情報を、いつでも思いついたタイミングで引き出すことのできるツールなので、使いこなすうちに「第2の脳」のような存在になっていきます。

このページのトップへ

<< ものづくりコース

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月2-7-8健庄ビル3F パソコンBini元住吉スクール 代表 七田隆介 TEL 044-431-4221 FAX 044-431-4231

Copyright (C)パソコンBini元住吉スクール All Rights Reserved.